野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹、継投でのノーノーまであと3アウト! 7回まで無安打のムーア「楽しむことができた」

ソフトバンクのマット・ムーア投手が7回まで巨人打線を無安打に封じる好投を見せ、勝利の方程式につなげた。24日にPayPayドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第3戦。先発した左腕は7回まで2四球の走者しか許さず仕事を果たすと、8回のマウンドにはセットアッパーのモイネロが上がり、2四死球を許すも無安打に抑えた。

ソフトバンクのマット・ムーア【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのマット・ムーア【写真:藤浦一都】

初回に失策で無死二塁のピンチ背負うも、松原が犠打に失敗するなど巨人は無得点

■ソフトバンク – 巨人(日本シリーズ・24日・PayPayドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ソフトバンクのマット・ムーア投手が7回まで巨人打線を無安打に封じる好投を見せ、勝利の方程式につなげた。24日にPayPayドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第3戦。先発した左腕は7回まで2四球の走者しか許さず仕事を果たすと、8回のマウンドにはセットアッパーのモイネロが上がり、2四死球を許すも無安打に抑えた。

 ムーアは、負ければ崖っぷちに立たされる巨人に対して圧倒。初回、先頭の吉川尚が遊撃・牧原の失策で二塁まで進み、いきなり無死二塁のピンチを招いたが、松原が犠打に失敗。坂本を空振り三振、岡本を遊ゴロに打ち取りことなきを得た。

 2回も1死からウィーラーが四球で出塁させたが、亀井をニゴロ併殺打。3回以降もヒットすら出ず。7回まで出した走者は四球とエラーの走者だけで無安打にねじ伏せた。

 ムーアは降板後「初めての日本シリーズ、楽しむことができました。自分の投球内容より、チームが勝つという事が一番大切なこと。リードしている状況を作れてよかった」と振り返った。

 ソフトバンクは3回に中村晃の2ランで先制。7回には再び中村晃とグラシアルの適時打で2点を追加し、リードを4点に広げた。8回はモイネロが2四死球で1死一、二塁の窮地を招くも、連続三振にしとめてピンチを脱した。継投でのノーヒットノーランまであとアウト3つに迫っている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」