野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人が4戦目で初めて先制に成功! 若林、坂本の連続二塁打、打線テコ入れ的中

巨人が第4戦で初めて先制に成功した。25日に行われた「SMBC日本シリーズ2020」第4戦。大幅に打線をテコ入れした巨人が初回、坂本の適時二塁打で先制点を奪った。

巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】
巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】

1番に起用された若林が出塁すると、坂本の適時二塁打で1点を先制

■ソフトバンク – 巨人(日本シリーズ・25日・PayPayドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 巨人が第4戦で初めて先制に成功した。25日に行われた「SMBC日本シリーズ2020」第4戦。大幅に打線をテコ入れした巨人が初回、坂本の適時二塁打で先制点を奪った。

 0勝3敗と後がなくなった巨人は1番に若林を起用し、2番から坂本、丸、岡本を並べるオーダーに変更。これが初回に的中する。先頭の若林が追い込まれながらも右中間へ運ぶ二塁打を放って出塁すると、続く坂本が1ボールからの2球目を捉えて左翼フェンス直撃の二塁打。若林が生還して4試合目にして初めて先制点を奪った。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」