野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

4年連続日本一の強さはどこに? 元鷹コーチが解説する影のMVPと巨人に欠けた全力疾走

「SMBC日本シリーズ2020」第4戦はソフトバンクが4-1で巨人を破り、4連勝で4年連続の日本一に輝いた。昨季までソフトバンクでコーチを務めた飯田哲也氏は、15打数5安打4打点で、第3戦に先制2ランを放ったソフトバンク・中村晃をMVP級の活躍だったと絶賛した。

元鷹コーチが解説する日本シリーズ影のMVPとは【写真:福谷佑介】
元鷹コーチが解説する日本シリーズ影のMVPとは【写真:福谷佑介】

1番・周東が日本シリーズ4戦1安打も2番・中村晃が強力バックアップした

「SMBC日本シリーズ2020」第4戦はソフトバンクが4-1で巨人を破り、4連勝で4年連続の日本一に輝いた。昨季までソフトバンクでコーチを務めた飯田哲也氏は、15打数5安打4打点で、第3戦に先制2ランを放ったソフトバンク・中村晃をMVP級の活躍だったと絶賛した。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 第3戦で先制2ランを放った中村晃が、第4戦も先制点につながるプレーでチームを勝利に導いた。初回1死から右翼線へ二塁打。続く柳田の先制2ランをお膳立てした。前日には巨人・サンチェスのフォークを右越え本塁打とし、高梨からもスライダーを右前適時打に。この日は直球勝負の巨人バッテリーに対し、鋭い読みで、3球続いた直球を打ち返した。

「このシリーズで、雰囲気を変えたのが中村晃。ベンチもファンも誰もが、ここで打ってくれというところで打つ、頼りになる選手。それが出たのが第3戦のバッティングだった。第4戦でも巨人バッテリーは前日に変化球でやられたイメージが強かったので、この日は直球が多かった。中村晃の頭の中にも『今日は変化球が来ないな』というのはあった気はする」

 このシリーズ、1番の周東は4試合でわずか1安打に終わり、自慢の俊足を生かせる場面は少なかった。だが、1、3、4戦で2番に入った中村晃がその穴をカバー。飯田氏は「2番に中村晃がいることで、周東が凡退しても、次の中村晃が返したり、粘って球数を投げさせたりした。周東はこのシリーズで打てなかったが、それが目立たなかったのは中村晃がいたから」と、絶賛した。

 巨人打線が対戦歴の少ないソフトバンク投手陣に手こずる中、中村晃は巨人の投手を苦にすることはなかった。飯田氏は「タイミングの取り方が上手い選手で、どんな投手に対しても合わせられる。初対戦でも苦にならない」と解説。「2番に野球を知っている中村晃がいるのは相手バッテリーにとっていやらしさがある。3番柳田、4番グラシアルと続いていく中で、中村晃だけをマークする訳にはいかない」と2番に置くことで打線に厚みが増すメリットを強調した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」