野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ソフトバンクが西田哲朗に戦力外通告 17年オフにトレード加入も、今季は36試合止まり

4年連続日本一に輝いたソフトバンクは26日、西田哲朗内野手に来季の契約を結ばない旨を通告した。

球団事務所に向かうソフトバンク・西田哲朗【写真:福谷佑介】
球団事務所に向かうソフトバンク・西田哲朗【写真:福谷佑介】

今季は若い川瀬や周東らの台頭もあり36試合出場にとどまった

 4年連続日本一に輝いたソフトバンクは26日、西田哲朗内野手に来季の契約を結ばない旨を通告した。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 2009年のドラフト2位で楽天に入団した西田。2014年には131試合に出場して頭角を現したものの、その後、出場機会が減少。2017年オフには山下斐紹とのトレードでソフトバンクへ移籍した。

 加入1年目は72試合に出場したものの、昨季は7試合出場止まり。今季も周東や川瀬ら若手の台頭があり、36試合の出場に終わっていた。通算388試合に出場して、781打数171安打13本塁打71打点、打率.219。
 
 球団から通告を受けた西田は「戦力外を告げられると、これが一つの区切りかなとも思う。1人で野球をやってきたわけじゃないので、周りの声も聞きながら、色んな人に相談しながら考えていきたい」と話し、現役続行か現役引退するかは未定とした。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」