野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「誰もが栗原になれる」 元鷹コーチが語る10連覇の現実性とブレーク予備軍

25日にPayPayドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第4戦はソフトバンクが4-1で巨人を下し、4年連続日本一の座に輝いた。巨人のV9以来、パ・リーグでは初となる4年連続日本一に、試合を観戦した孫正義オーナーは5連覇も厳命。過去には巨人V9を超える10連覇を目指すよう伝えているがソフトバンクで昨年までコーチを務めた飯田哲也氏は「ホークスはまだまだ強くなる要素はある」と話し「誰もが栗原のようになれる」と、栗原、周東に続く来季の新戦力の台頭を期待した。

ソフトバンク・栗原陵矢【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・栗原陵矢【写真:荒川祐史】

孫オーナーは早くも5連覇を厳命、可能性は高い

 25日にPayPayドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第4戦はソフトバンクが4-1で巨人を下し、4年連続日本一の座に輝いた。巨人のV9以来、パ・リーグでは初となる4年連続日本一に、試合を観戦した孫正義オーナーは5連覇も厳命。過去には巨人V9を超える10連覇を目指すよう伝えているがソフトバンクで昨年までコーチを務めた飯田哲也氏は「ホークスはまだまだ強くなる要素はある」と話し「誰もが栗原のようになれる」と、栗原、周東に続く来季の新戦力の台頭を期待した。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 代走要員だった俊足・周東がレギュラーの座を掴み、控え捕手だった栗原がベテラン内川からポジションを奪って主軸の1人へと成長を遂げた今年のソフトバンク。圧倒的な力の差を見せつけ、セ・リーグ王者の巨人をわずか4試合で退けたが、飯田氏は今年のソフトバンクの戦いぶりについて、こう語る。

「今年は前半戦、デスパイネ、グラシアルが来日できない中、苦しい戦いからのスタートだったが、栗原ら若手が出てきて、チームも踏ん張って、終盤、みんなが揃ったところで一気にエンジンをかけてライバルを抜き去った。万全じゃない中を乗り切ってのリーグ優勝、日本一は非常に価値があるし、ほかのチームはホークスは強いと実感したと思う」

 そして飯田氏は、今年台頭した栗原、周東のさらなる成長を期待しているという。

「栗原は打てない時期もあったが、日本シリーズを経験して自信もつけただろうし、自分に足りないものも分かった。本当の勝負はこれから。まだまだ大きく成長して欲しい。周東はシーズン終盤にできていたことが日本シリーズではできなかった。このシリーズで勉強したことを来年出して欲しい。周東が1番にいると相手にとってはすごく脅威になる」

 12球団一厚い選手層。圧倒的な強さで4連覇を飾ったソフトバンクだが、今後もまだまだホークスの常勝時代が続いていくのか。飯田氏は「ホークスはこれからまだまだ強くなる要素はある」と、10連覇の可能性に言及し「誰もが今年の栗原のようになれる」と、ソフトバンクが投打ともに、さらに新戦力が出てくる環境にあることを指摘した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」