野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

亡き親友と見た都市対抗… 中日・京田が遺族に伝えた想いと譲り受けたグラブを返す意味

三塁側スタンドに、背番号6のユニホームを着た家族を見つけた。28日、都市対抗が開催されている東京ドーム。中日の京田陽太内野手はゆっくり歩み寄り、距離をとって話しかけた。特別な思いで過ごした2020年シーズンを終え、どうしても伝えたい思いがあった。

スタンドからNTT西日本の試合を観戦する中日・京田陽太【写真:中井諒さんの母・啓子さん提供】
スタンドからNTT西日本の試合を観戦する中日・京田陽太【写真:中井諒さんの母・啓子さん提供】

23歳の若さで他界した元遊撃手の中井諒さんは最大のライバルだった

 三塁側スタンドに、背番号6のユニホームを着た家族を見つけた。28日、都市対抗が開催されている東京ドーム。中日の京田陽太内野手はゆっくり歩み寄り、距離をとって話しかけた。特別な思いで過ごした2020年シーズンを終え、どうしても伝えたい思いがあった。

【写真】中日・京田と中井さんの絆 開幕戦から使用した実際のグラブの写真

 3か月遅れてプロ野球が開幕した6月19日。前日届いたばかりのまっさらなグラブを手に、遊撃の定位置に立った。これまで愛用していたものとは大きさも形状も違う。「でも、不思議と怖さはなかったんです」。ともに120試合を戦い抜いた商売道具には、自らの背番号「1」ではなく「6」と刺繍されていた。

 今年4月、友を失った。青森山田高時代の2学年後輩だった中井諒さんが他界。骨のガンである骨肉腫が、23歳の未来を絶った。桐蔭横浜大からNTT西日本へと進んだ遊撃手は、もちろんプロの舞台を目指していた。「初めてショートで負けるかもって思った相手が、諒なんです」。最大のライバルだった後輩が叶えられなかった夢を、グラブを借りて一緒に背負う。それが、せめてもの務めだと思った。

 11月に入ってシーズンを終え、26日には秋季練習を打ち上げた。都市対抗の日程表を見て、居ても立っても居られない。「ちょうど行けるタイミングだなって」。世の中の状況は気になったが、できる限りの感染防止策をして東京へ。NTT西日本ナインを応援するためドームを訪れていた中井さんの両親に、頭を下げた。

「1年間、諒に助けてもらいました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」