野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天・松井の抑え復帰の裏に早くも“ドラ1早川効果” 石井監督が見据える投手再編

今季4位に沈み、石井一久GMが来季監督を兼ねることになった楽天。ドラフト会議で最速155キロ左腕の早大・早川隆久投手を4球団競合の末に引き当てたことをきっかけに、今季先発に転向していた松井裕樹投手のリリーフ復帰が決まるなど、課題の投手陣の再編が進んでいる。「日本一」を目標に掲げたチーム作りが始まっている。

楽天・早川隆久(左)と松井裕樹【写真提供:楽天野球団】
楽天・早川隆久(左)と松井裕樹【写真提供:楽天野球団】

エース則本昂も「来季普通にこの世界でやれる」と見る大物新人

 今季4位に沈み、石井一久GMが来季監督を兼ねることになった楽天。ドラフト会議で最速155キロ左腕の早大・早川隆久投手を4球団競合の末に引き当てたことをきっかけに、今季先発に転向していた松井裕樹投手のリリーフ復帰が決まるなど、課題の投手陣の再編が進んでいる。「日本一」を目標に掲げたチーム作りが始まっている。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 10月26日のドラフト会議で早川を手中にした効果は、実に大きい。「新人には、期待はしても当てにしてはいけない」というのがプロ野球界ではよく言われるが、担当の沖原スカウトは「プレッシャーをかけるわけではないが、私は即戦力で1年目から10勝するとずっと言ってきた」と興奮を隠せない。エースで選手会長の則本昂も「大学ナンバーワン投手。何か聞かれれば全力で答えたいが、クレバーな選手なので、指導されなくてもやれると思う。来季普通にこの世界でやれるだろうし、ライバルだと思っている」と見ている。

 しかも早川に続き、ドラフト2位で法大の156キロ右腕・高田孝一投手、3位でENEOSの150キロ左腕・藤井聖投手、4位で亜大の150キロ右腕・内間拓馬投手を次々と指名。即戦力投手4人の獲得に成功した。

 これを受けて、11月16日にスタートした秋季練習中、石井監督が松井に抑え復帰を打診。松井も「僕もそのつもりでした」と応じた。早川が希少な「左の先発」として機能するなら、松井も後顧の憂いなく抑えに専念できるというものだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」