野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

広島、田中広輔の残留を発表 国内FA権を行使せず「やっぱりカープが好き」

広島は30日、田中広輔内野手が今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留すると発表した。

広島・田中広輔【写真:荒川祐史】
広島・田中広輔【写真:荒川祐史】

不動の切り込み隊長として2016年からリーグ3連覇に貢献

 広島は30日、田中広輔内野手が今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留すると発表した。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 田中は東海大相模、東海大、JR東日本を経て2013年ドラフト3位で広島入り。不動の切り込み隊長として2016年からのリーグ3連覇に貢献した。2019年に636試合連続出場で止まって97試合出場に留まったものの、今季は112試合出場、打率.251、8本塁打、38打点、8盗塁を記録。選手会長としてもチームを引っ張った。

 2017年には35盗塁を決めて盗塁王を獲得。2017年にベストナイン、2018年にゴールデングラブ賞を獲得している。通算889試合出場して、打率.264、858安打、59本塁打、304打点、127盗塁を記録している。

 田中は球団ホームページで、「色々悩みはしましたけれど、やっぱりカープというチームが好きですし、今まで戦ってきた仲間とまだ野球をやりたいなと、そういう気持ちもありましたし、あとは選手会長になって悔しいシーズンになったのでなんとかもう一回強いカープを、という思いもあったので、そういうのが決め手です」とコメントしている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」