野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「子供には無限の可能性」 元ロッテ右腕が野球指導者に伝えたい球速アップへの理解

こんにちは、元ロッテの島孝明です。ここ数年の投手の傾向として、ストレートの高速化が顕著に見られます。大谷翔平選手(エンゼルス)の165キロをはじめ、球速アップを憧れとしている野球少年、少女も多いのではないでしょうか。速い球を投げることが全てではないですが、今回は、速い球を投げるためにやっておくべきことなどについて、自分なりの考えをお伝えし、子供や指導者が考えるきっかけになればと思います。

元ロッテの島孝明さん【写真:編集部】
元ロッテの島孝明さん【写真:編集部】

連載『島孝明のセカンドキャリア―Brand New Days―』第7回

 こんにちは、元ロッテの島孝明です。ここ数年の投手の傾向として、ストレートの高速化が顕著に見られます。大谷翔平選手(エンゼルス)の165キロをはじめ、球速アップを憧れとしている野球少年、少女も多いのではないでしょうか。速い球を投げることが全てではないですが、今回は、速い球を投げるためにやっておくべきことなどについて、自分なりの考えをお伝えし、子供や指導者が考えるきっかけになればと思います。

【動画】メジャーも注目? パを代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

 投手において、速い球を投げられることは大きな武器であると考えています。投手と打者との間には、実力だけの勝負が繰り広げられているわけではなく、心理戦の側面もあり、相手投手のストレートが速いという情報が分かれば、それだけで打者から警戒され心理面で優位に立つことができます。

 スピードボールを投げるには生まれ持った才能が必要であるように考えられがちですが、才能だけで全てが語られてしまっては、個人の努力は何の意味も持たなくなってしまいます。そうではなく、意志や練習次第で、誰もがスピードボールを投げられる可能性を持っていると私は考えています。自分で自分の能力に限界を決めることなく、スピードボールを投げるという意志を持ち続けて、「どうしたら投げられるようになるのか?」と日々の練習から考える癖をつけておくと良いでしょう。

 また、指導者側は、これからの野球界を担う子供たちには無限の可能性で満ち溢れていることを常に念頭に置き、自分には出来るといった「自己効力感」を高めてあげられるようなサポートが大切になってくると思います。それは、子供自らが「もっと上手くなりたい」という向上心を生み出す元となります。

 私は高校時代、最速153キロまで球速が上がりましたが、急に出たわけではありません。身体的な面で求められるものを挙げるとすれば、一つは柔軟性であると思います。肩まわりや肘はもちろんのこと、股関節や胸郭、背骨周りといった関節の可動域を広げておくことは、全身の連動性を高め、溜めたパワーを無駄なくボールに伝えることに繋がってくるでしょう。また、筋肉自体の柔らかさも保っておくことで、怪我の防止やパフォーマンスを安定させることに生きてくると考えます。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」