野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

期待ハズレの左腕、ニールも苦戦し3連覇逃す 12球団の助っ人を診断【西武編】

ソフトバンクの4年連続日本一で幕を閉じた2020年のプロ野球。シーズンオフに入り、各球団は本格的に来季の戦力編成に着手している。すでに来季の新助っ人が決まった球団もあり、今後は続々と発表されていくことだろう。

西武のザック・ニール【写真:荒川祐史】
西武のザック・ニール【写真:荒川祐史】

ギャレットはセットアッパーとして貴重な働き

 ソフトバンクの4年連続日本一で幕を閉じた2020年のプロ野球。シーズンオフに入り、各球団は本格的に来季の戦力編成に着手している。すでに来季の新助っ人が決まった球団もあり、今後は続々と発表されていくことだろう。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 では、12球団の助っ人外国人は今季、どれほどの活躍を見せたのだろうか? 各球団の助っ人たちの成績を検証し、その働きを診断していってみよう。今回はリーグ3連覇を逃し、3位に終わった西武だ。

○投手
リード・ギャレット(5000万円)
49試合3勝2敗0セーブ16ホールド 防3.10

ショーン・ノリン(6000万円)
5試合1勝2敗0セーブ0ホールド 防6.75

ザック・ニール(2億1750万円)
21試合6勝8敗0セーブ0ホールド 防5.22

 西武は今季3人の外国人投手を抱えた。ギャレット、ニール、そしてノリンの3人だ。その中でも新加入のギャレットはセットアッパーとしてチームに貢献。160キロ前後の剛速球を武器に守護神の増田や平良、森脇とともに台所を支えた。年俸も助っ人の中で最も低く、貢献度は高かったと言える。

 もう1人の新助っ人投手だったノリンは先発の一角として期待されながらも左肩の違和感などで出遅れ、わずか5試合登板、1勝止まりに終わった。今季リーグ3連覇を逃した西武はシーズンを通して先発投手の駒不足に苦しんだ面があり、ノリンが期待外れに終わったのは痛手だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」