野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

モイネロはMVP級の働き、バレンティンは大苦戦に…助っ人診断【ソフトバンク編】

ソフトバンクの4年連続日本一で幕を閉じた2020年のプロ野球。シーズンオフに入り、各球団は本格的に来季の戦力編成に着手している。すでに来季の新助っ人が決まった球団もあり、今後は続々と発表されていくことだろう。

ソフトバンクのモイネロ(左)とバレンティン【写真:荒川祐史】
ソフトバンクのモイネロ(左)とバレンティン【写真:荒川祐史】

メジャー通算54勝のムーアはその力を発揮

 ソフトバンクの4年連続日本一で幕を閉じた2020年のプロ野球。シーズンオフに入り、各球団は本格的に来季の戦力編成に着手している。すでに来季の新助っ人が決まった球団もあり、今後は続々と発表されていくことだろう。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 では、12球団の助っ人外国人は今季、どれほどの活躍を見せたのだろうか? 各球団の助っ人たちの成績を検証し、その働きを診断していってみよう。今回は3年ぶりにパ・リーグを制したソフトバンクだ。

○投手
カーター・スチュワートJr.(1億1000万円)
1軍登板なし

リバン・モイネロ(1億5000万円)
50試合2勝3敗1セーブ38ホールド 防1.69

マット・ムーア(4億円)
13試合6勝3敗0セーブ0ホールド 防2.65

リック・バンデンハーク(3億円)
5試合2勝2敗0セーブ0ホールド 防6.92

デニス・サファテ(5億円)
1軍登板なし

 シーズンのチーム防御率が驚異の2.92をマークしたソフトバンク。その鉄壁の投手陣の中でもMVP級の活躍を見せたのがセットアッパーのモイネロだ。50試合に登板して38ホールドをマークして最優秀中継ぎのタイトルを獲得。防御率は1.69、奪三振率は14.44と圧巻の成績を残した。

 メジャー通算54勝の実績を引っさげて来日したムーアは開幕直後にふくらはぎの怪我で離脱したものの、復帰後はその力を遺憾無く発揮。150キロを超える真っ直ぐをコーナーに投げ込み、ローテの一角として6勝、防御率2.65の成績を残した。日本シリーズでは第3戦で7回ノーヒットと驚きの投球も見せた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」