楽天、コロナ禍で創設以来続いた久米島キャンプ断念 「医療体制などリスクを考慮」

楽天・石井一久GM兼監督【写真:荒川祐史】
楽天・石井一久GM兼監督【写真:荒川祐史】

再来年以降は「久米島町とコミュニケーションを取りながら検討していきます」

 楽天は7日、2021年の春季キャンプ「フォーティーセブン スプリングキャンプ 2021」を沖縄県金武町とうるま市で行うことを発表した。球団創設以来16年連続で行っていた久米島キャンプは新型コロナウイルス感染拡大を考慮し断念することになった。

 小池聡広報部長は来春キャンプ地について「医療体制などコロナ禍でのリスクを考慮し、久米島町と協議した結果、来春に関してはこういう形になりました。再来年以降に関してはまた、久米島町とコミュニケーションを取りながら検討していきます」と、久米島キャンプを断念することになった経緯を説明した。

(Full-Count編集部)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY