野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

戦力外で引退決断「不安ある」…元燕・上田剛史氏がトライアウト当日に向った場所

プロ野球12球団合同トライアウトが行われた7日、前ヤクルト外野手の上田剛史氏は、親友のもとを訪れていた。今季限りで戦力外通告を受け、一時はトライアウト受験へ向けてトレーニングを開始しながら現役引退を決断。会いに行った相手は、ともに2006年の高校生ドラフトでヤクルトに指名された同期で同い年の元投手、増渕竜義氏だった。

元ヤクルトの増渕竜義氏(左)と上田剛史氏【写真:宮脇広久】
元ヤクルトの増渕竜義氏(左)と上田剛史氏【写真:宮脇広久】

元153キロ投手・増渕竜義氏は1988年度生まれの黄金世代

 プロ野球12球団合同トライアウトが行われた7日、前ヤクルト外野手の上田剛史氏は、親友のもとを訪れていた。今季限りで戦力外通告を受け、一時はトライアウト受験へ向けてトレーニングを開始しながら現役引退を決断。会いに行った相手は、ともに2006年の高校生ドラフトでヤクルトに指名された同期で同い年の元投手、増渕竜義氏だった。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「これからはプロ野球選手ではないので、いち社会人としてやっていかなければならない。不安はあります。増渕がどうやってきたのか、話ができたらと思います」

 上田氏はそう言った。これまでも年に1回は顔を合わせてきたといい「トライアウトの日と重なったのはたまたまです」と言うが、都内の自宅から増渕氏が塾長を務める埼玉県の「上尾ベースボールアカデミー」の室内練習場へ車を走らせた。

 上田氏は高校生ドラフト3巡目で岡山・関西高から入団。ヤクルト一筋で14年間、俊足・好守の外野手として活躍した。チームきってのムードメーカーでもあったが、今季最終戦翌日の11日、戦力外通告を受けた。周囲にはトライアウト受験を勧める声もあったが、32歳となり「目標を失った気がしました。ヤクルトで十分やったので、次の方向へ歩み出そうと思いました」と述懐する。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」