野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

新井貴浩氏は“ハイブリッド”!? 元同僚・石原慶幸氏も乱入の爆笑イベント開催

現役時代は広島、阪神で活躍した新井貴浩氏が6日、自身初となるオンライン・ファンミーティングを開催した。シーズンオフに毎年、ファン向けのディナートークショーを開催してきたが、今年は新型コロナウイルスの影響により、ファンの安全を第一に考えてオンライン上で開催。直接ファンと触れ合うことは叶わなかったが、ファンとの距離をまったく感じさせない爆笑イベントとなった。

第1部のゲストには実弟の新井良太氏が登場し、阪神について語った
第1部のゲストには実弟の新井良太氏が登場し、阪神について語った

オンライン・ファンミーティング初開催、軽妙なトークでファンの心を鷲づかみ

 現役時代は広島、阪神で活躍した新井貴浩氏が6日、自身初となるオンライン・ファンミーティングを開催した。シーズンオフに毎年、ファン向けのディナートークショーを開催してきたが、今年は新型コロナウイルスの影響により、ファンの安全を第一に考えてオンライン上で開催。直接ファンと触れ合うことは叶わなかったが、ファンとの距離をまったく感じさせない爆笑イベントとなった。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

“新井さん”の軽妙なトークが冴え渡った。旧知の坂上俊二アナウンサー(RCC中国放送)をMCに迎えて行われたファンミーティングには、2部合わせて約200人が参加。画面に映る熱狂的な新井さんファンたちと双方向のコミュニケーションを取りながら、イベントは進行していった。

 引退後は野球解説者としてはもちろん、モデル、店長など活躍の場を広げているが、中でも大ヒットしているのが商品開発に携わった「新井貴浩 全力カレー」だ。カレーに入っていれば嫌いな野菜が食べられたという新井さんが何度も試食を重ね、野菜嫌いの子どもたちでも食べられるようにジャガイモ以外の野菜はできるだけ細かく刻み、やや甘口に仕上げたというカレーは「すでに100万食を超える人気です(笑)」という自慢の一品。全力カレーのパッケージを片手にイベントに参加したファンが「最初は高いと思ったけど、食べてみたら絶品で納得。むしろコスパがいいと思った」と絶賛すると、新井さんも「メチャクチャおいしいんですよ!」と自画自賛だった。

 さらに、最近になってようやくスマホデビューしたというが、まだLINE等のアプリを使いこなせていないようで、集まったファンに向かって「LINEで電話ができるって知ってました?」と驚きの様子。まだスマホだけでは心許ないようで、実はスマホとガラケーの両方を使う二刀流であることを明かされると「いえ、ハイブリッドなんです」とアピールし、笑いを誘った。

 私物公開のコーナーでは、ラグビー日本代表の田村優選手のサイン入りジャージや、2015年のオールスター用に作られた特別仕様の一塁ミットを紹介。さらに、広島時代の同僚・菊池涼介からプレゼントされた使用済みグラブも披露し、「小さくてポケットが浅いので、扱うのがとても難しいグラブ。彼は自分の手の一部のように動くグラブにこだわりを持っていた」と、一緒にプレーしていた新井さんだからこそ知っている秘密も明かした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」