野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人野上は制限超え1.2億円減&坂本5億円、楽天岸は2.5億円…各球団の10日の契約更改は?

プロ野球界では10日、複数の球団で契約更改交渉が行われ、巨人の野上亮磨投手は、野球協約が定める減額制限(1億円超は40%)を超える1億2000万円ダウンの年俸3000万円でサインした。2018年に西武からFA移籍し、今季が3年契約の最終年。1軍登板なしに終わり、大減俸となった。

会見に臨んだ楽天・岸孝之【写真提供:楽天野球団】
会見に臨んだ楽天・岸孝之【写真提供:楽天野球団】

野上は3年契約の最終年で1軍登板なし、坂本は2000安打達成

 プロ野球界では10日、複数の球団で契約更改交渉が行われ、巨人の野上亮磨投手は、野球協約が定める減額制限(1億円超は40%)を超える1億2000万円ダウンの年俸3000万円でサインした。2018年に西武からFA移籍し、今季が3年契約の最終年。1軍登板なしに終わり、大減俸となった。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 坂本勇人内野手は、3年目の来季まで年俸固定の5年契約を結んでいるため現状維持の5億円で更改。今季は31歳10か月と史上2番目の若さで通算2000安打の偉業を達成した。

 楽天の岸孝之投手は5000万円減の年俸2億5000万円プラス出来高でサイン。今季は11試合に登板し、7勝0敗、防御率3.21。2016年オフに西武からFA移籍した際に結んだ4年契約が終了し、新たに単年契約を結んだ。

 西武の内海哲也投手は、減額制限(1億円以下は25%)いっぱいの1875万円減の年俸5625万円で更改。今季は巨人から移籍して2年目で初勝利を挙げたが、4試合の登板にとどまった。

 日本ハムの大田泰示外野手は3000万円増の年俸1億3000万円でサイン。今季は115試合に出場し、打率.275、14本塁打、68打点をマークした。上沢直之投手は2500万円増の8500万円、秋吉亮投手は減額制限(同)を超える5000万円プラス出来高払いでサインした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」