野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹39歳ベテラン高谷は200万円ダウン 微減の3200万円でサイン

ソフトバンクの高谷裕亮捕手が16日、本拠地PayPayドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、200万円ダウンの年俸3200万円で来季の契約を結んだ。(金額は推定)

会見に臨んだソフトバンク・高谷裕亮【写真:代表撮影】
会見に臨んだソフトバンク・高谷裕亮【写真:代表撮影】

甲斐を支える第2捕手として33試合に出場

 ソフトバンクの高谷裕亮捕手が16日、本拠地PayPayドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、200万円ダウンの年俸3200万円で来季の契約を結んだ。(金額は推定)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 主に正捕手を務める甲斐拓也の第2捕手として控えることの多かった高谷だが、今季は33試合に出場。打率.250をマークし、4年ぶりに複数本塁打となる2本塁打を放った。終盤は膝の怪我で離脱したものの、貴重なバックアッパーとして、チームの3年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

 11月に39歳となったチーム最年長野手は「出場試合数自体は多くはなかったですけど、その中で出た試合でしっかり勝利に貢献してくれた、14年目で初めてくらい打つ方でも貢献できた、と評価してもらいました」と語った。11月27日に左膝の手術を受けており、復帰まで約2か月の見込みとなっている。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」