野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

倍増4000万円に「不満はない」けど、なぜ保留? 鷹・周東が訴えたいこととは…

ソフトバンクの周東佑京内野手が18日、本拠地PayPayドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、倍増の年俸4000万円の提示を保留した。交渉後には「整理してゆっくりと話し合いたい」などと語った。(金額は推定)

会見に臨んだソフトバンク・ 周東佑京【写真:代表撮影】
会見に臨んだソフトバンク・ 周東佑京【写真:代表撮影】

今季は103試合に出場して打率.270、50盗塁で初の盗塁王に

 ソフトバンクの周東佑京内野手が18日、本拠地PayPayドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、倍増の年俸4000万円の提示を保留した。交渉後には「整理してゆっくりと話し合いたい」などと語った。(金額は推定)

【写真】「奥さま可愛い」 スレンダー美人の新婦とラブラブな鷹牧原の結婚式写真

 昨季、走塁のスペシャリストとしてブレークした周東。今季は狙っていた開幕スタメンこそ逃したが、シーズン中盤以降に1番打者に定着した。103試合に出場して打率.270、1本塁打27打点をマークしてチームの3年ぶりのリーグ優勝と4年連続日本一に大きく貢献。10月16日の楽天戦から10月30日の西武戦にかけて“世界記録“となる13試合連続盗塁を達成。育成出身者として初めて50盗塁をマークして盗塁王に輝いた。

「評価はしていただきました。盗塁王もそうですし、コロナ禍で試合数が少ない中で50盗塁したこと、13試合連続盗塁の記録を作ったところは評価してもらった。(希望額と)差があるというよりも、もう1回話し合いたいなと。不満はないし、前向きに話したい」

 1回目の交渉を終えた周東は時折、笑顔も浮かべ、その表情は明るかった。金額には「不満はない」という。ではなぜサインを保留したのか。そこには、条件面の差というよりも、周東には“走塁のスペシャリスト”として球団に伝えたい思い、希望があるのだと明かした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」