野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・栗原は340%アップ、DeNA宮崎は1.7億円…18日の各球団の主な契約更改は?

プロ野球界では18日、複数の球団で契約更改交渉が行われた。4年連続日本一となったソフトバンクでは栗原陵矢捕手が今季年俸の4.4倍となる4400万円でサインした。

会見に臨んだソフトバンク・栗原陵矢【写真:代表撮影】
会見に臨んだソフトバンク・栗原陵矢【写真:代表撮影】

栗原はレギュラーに定着してチーム2位の17本塁打73打点

 プロ野球界では18日、複数の球団で契約更改交渉が行われた。4年連続日本一となったソフトバンクでは栗原陵矢捕手が今季年俸の4.4倍となる4400万円でサインした。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 今季、オープン戦からのアピールが実り、開幕スタメンを奪取。持ち前の打力でレギュラーの座を掴み取り、右翼や左翼、一塁などを守って118試合に出場した。打率こそ.243だったものの、17本塁打73打点はともに柳田悠岐外野手に次ぐチーム2位の数字。得点圏打率.333、満塁時打率.545と勝負強さも際立ち、日本シリーズではMVPとなった。

 DeNAでは宮崎敏郎内野手が1000万円増の年俸1億7000万円でサイン。プロ8年目の今季は113試合出場してリーグ7位の打率.301、14本塁打、53打点。同6位タイの129安打を放って、2シーズンぶりに打率3割台に到達した。

【セ・リーグ】
DeNA
宮崎敏郎内野手(1億6000万円→1億7000万円)

【パ・リーグ】
ソフトバンク
栗原陵矢捕手(1000万円→4400万円)

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」