野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

指標は上回るも2年連続で逃したGG賞… 中日・京田が自ら明かす“坂本との差”とは?

守備の名手に贈られる「三井ゴールデン・グラブ賞」が18日に発表された。セ・リーグの遊撃手では、巨人の坂本勇人内野手が2年連続で受賞。初受賞を目指した中日の京田陽太内野手は、2年連続で次点と届かなかった。守備のデータ指標では昨季に引き続きわずかに上回ったものの、得票数では198差と大差に。京田自身は、この差をどう感じているのか。

中日・京田陽太【写真:小西亮】
中日・京田陽太【写真:小西亮】

昨年は57票差、今年は198票差「やっぱり今年は無理でしたね」

 守備の名手に贈られる「三井ゴールデン・グラブ賞」が18日に発表された。セ・リーグの遊撃手では、巨人の坂本勇人内野手が2年連続で受賞。初受賞を目指した中日の京田陽太内野手は、2年連続で次点と届かなかった。守備のデータ指標では昨季に引き続きわずかに上回ったものの、得票数では198差と大差に。京田自身は、この差をどう感じているのか。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 吉報は届かず、淡々と受け入れる。「ちょっとは期待していましたが、やっぱり今年は無理でしたね」。今季は120試合1047イニングに出場するも、遊撃手ではワーストの13失策を記録。坂本は115試合出場で883イニングと15%ほど出場機会は少なかったが、4失策にとどめた。「まぁ、エラーですよね……」。“見た目”の数字でも劣っていることは、京田も分かっていた。

 ゴールデングラブ賞は、5年以上のプロ野球取材キャリアを持つ新聞社や放送局などの記者投票によって決まる。昨年は299票のうち坂本が167票を集め、2位の京田は110票。他のポジションと比較しても僅差の57票差だった。一方で今年は300票のうち坂本が245票、京田は47票と大きく開いた。

 京田の「やっぱり今年は」という言葉の裏には、昨年の悔しさがある。端的に目に見える失策数や好守のイメージではなく、データ的観点から守備を総合的に評価する指標「UZR(Ultimate Zone Rating)」では、大きく上回っていた。

 UZRとは、リーグの同じ守備位置の平均的な選手が守る場合に比べて、どれだけの失点を防いだかを示す項目。セイバーメトリクスの指標を用い分析などを行う株式会社DELTAのデータによると、昨季は京田がリーグトップの「16.6」で、坂本は「-2.4」だった。今季は坂本が「10.0」に対し、リーグトップの京田が「10.1」とわずかに上回った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」