野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ハム宮西は前人未踏の大記録、巨人菅野はダブルの節目【20年の投手達成記録】

コロナ禍によって開幕が3か月遅れ、120試合に短縮された2020年のプロ野球。それでも選手たちの奮闘ぶりは変わらず、多くのマイルストーン(節目の記録)が達成された。投手では、勝利数は登板数、奪三振数などで節目の記録が達成されている。各部門別に見ていこう。

日本ハムの宮西尚生(左)と巨人の菅野智之【写真:石川加奈子、読売巨人軍提供】
日本ハムの宮西尚生(左)と巨人の菅野智之【写真:石川加奈子、読売巨人軍提供】

350ホールド達成のハム宮西は700試合登板の節目も

 コロナ禍によって開幕が3か月遅れ、120試合に短縮された2020年のプロ野球。それでも選手たちの奮闘ぶりは変わらず、多くのマイルストーン(節目の記録)が達成された。投手では、勝利数は登板数、奪三振数などで節目の記録が達成されている。各部門別に見ていこう。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

○700試合登板
宮西尚生(日本ハム)7月29日・オリックス戦(札幌ドーム)17人目

○500試合登板
益田直也(ロッテ)8月28日・オリックス戦(京セラD大阪)102人目

○100勝
菅野智之(巨人)10月6日・DeNA戦(東京ドーム)138人目

○100セーブ
益田直也ロッテ)8月7日・オリックス戦(京セラD大阪)33人目
森唯斗(ソフトバンク)10月11日・ロッテ戦(PayPayドーム)34人目

○350ホールド
宮西尚生(日本ハム) 8月12日・ロッテ戦(ZOZOマリン)プロ野球初

 巨人のエース菅野が、プロ野球史上初の開幕戦からの13連勝を達成した一戦で、通算100勝の節目にも到達。日本ハムの宮西は前人未踏の350ホールドを達成。鉄腕リリーバーは投げるたびに記録を更新する。登板数は700を超え、今季は734試合まで伸ばして史上12位に。来季は10傑入りも視野に入る。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」