野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹ベテラン川島は現状維持7000万円、つば九郎は「ほりゅう」…24日の契約更改は?

ソフトバンクの川島慶三内野手が24日、本拠地PayPayドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、現状維持の年俸7000万円でサインした。今季は59試合に出場し、打率.263、4本塁打、9打点。10月にはプロ15年目にして初めて4番でも起用された。(金額は推定)

ヤクルトのマスコット・つば九郎(左)とソフトバンク・川島慶三【写真:荒川祐史、藤浦一都】
ヤクルトのマスコット・つば九郎(左)とソフトバンク・川島慶三【写真:荒川祐史、藤浦一都】

川島は今季59試合出場、10月にはプロ15年目で初の4番を経験

 ソフトバンクの川島慶三内野手が24日、本拠地PayPayドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、現状維持の年俸7000万円でサインした。今季は59試合に出場し、打率.263、4本塁打、9打点。10月にはプロ15年目にして初めて4番でも起用された。(金額は推定)

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 ヤクルトのマスコット・つば九郎は、契約更改交渉でチームで初めての「ほりゅう」となり、「えつねん」も視野に入れていることを明らかに。FA宣言中のエース小川に比べ「ざつなこうしょうだったので」とブログで明らかにした。

■パ・リーグ
【ソフトバンク】
川島慶三内野手 7000万円→7000万円

■セ・リーグ
【ヤクルト】
つば九郎 保留

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」