野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ソフトバンク、東浜の新型コロナ陽性を発表 発熱などの症状はなし

ソフトバンクは25日、東浜巨投手が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。現時点で発熱などの症状はなく、自宅療養となっている。

ソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】

現在は保健所の指示により自宅療養

 ソフトバンクは25日、東浜巨投手が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。現時点で発熱などの症状はなく、自宅療養となっている。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 球団施設利用者全員に所定日のPCR検査受検を義務付けているソフトバンク。東浜は20日、21日にPCR検査受け、そのうち21日に受けた検査での陽性判定が24日に判明した。25日に市内の病院にて抗原検査とPCR検査を受検し、陽性の確定診断を受けた。

 球団は所轄の保健所、日本野球機構(NPB)に報告を済ませている。業務上で接触のあったスタッフ計3名については自宅待機とし、濃厚接触者に該当するかは保健所の判断を仰ぐとしている。なお、20日と21日のPCR検査で東浜以外に陽性判定を受けた者はいない。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」