野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

清宮は4年目の覚醒、吉田輝は1軍定着なるか? 日ハムの21年ブレーク候補は…

北海道移転後初の2年連続Bクラスとなるリーグ5位に低迷した日本ハム。53勝62敗5分でリーグ優勝したソフトバンクから20ゲーム差を離され、シーズン終盤のクライマックスシリーズ争いにも加わることが出来なかった。

日本ハム・野村佑希、吉田輝星、清宮幸太郎(左から)【写真:石川加奈子】
日本ハム・野村佑希、吉田輝星、清宮幸太郎(左から)【写真:石川加奈子】

清宮は3年連続7本塁打止まりも高卒4年目の覚醒に期待がかかる

 北海道移転後初の2年連続Bクラスとなるリーグ5位に低迷した日本ハム。53勝62敗5分でリーグ優勝したソフトバンクから20ゲーム差を離され、シーズン終盤のクライマックスシリーズ争いにも加わることが出来なかった。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 有原航平投手のレンジャーズ移籍が合意し、西川遥輝外野手も今オフのメジャー移籍を目指してポスティング申請をしている。投打の中心がチームを離れる可能性がある来季の上位進出へは、より若手の台頭が不可欠となってくるだろう。就任10年目となる栗山英樹監督のもとでブレークが期待される選手を取り上げていきたい。

○清宮幸太郎内野手(4年目、22歳)

 プロ3年目の2020年は自己最多96試合出場したものの、自己ワーストの打率.190、7本塁打、22打点。早実時代に史上最多の高校通算110本塁打を放ち、2017年ドラフトでは高校生最多7球団が競合。鳴り物入りで入団したが、新人から3年連続7本塁打では物足りない。チームもリーグ最少89本塁打と長打力に欠けただけに、高卒4年目のブレークが期待される。

○吉田輝星投手(3年目、20歳)

 プロ2年目の2020年は5試合に登板したが、0勝2敗、防御率8.41。1年目の2019年6月に挙げたプロ初勝利以来の勝ち星はならなかった。イースタンでは3勝3敗、防御率2.56、リーグトップタイの60奪三振と真っすぐの力は十分。エースの有原航平のメジャー移籍が決まっただけに、高卒3年目の2021年は飛躍のきっかけをつかみたいところだ。

○野村佑希内野手(3年目、21歳)

 高卒2年目は初の開幕1軍スタート、「8番・三塁」で開幕スタメンに抜擢された。19歳11か月で、日本ハムに所属する10代野手としては2013年大谷翔平(現エンゼルス)以来の快挙だった。7月上旬に右手小指を骨折して3か月離脱したものの、21試合出場で打率.257、3本塁打、18打点。7失策と守備に課題を残したものの、右の大砲として勝負強い打撃も光った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」