野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「守備は僕より全然うまい」 西武松井2軍監督が期待する19歳内野手とは?

多くの若獅子を1軍に送りだし、日々成長する選手たちを見守った松井稼頭央2軍監督が29日、今シーズンを振り返った。2020シーズンは高木渉外野手、西川愛也外野手とファームからの新戦力も大きく飛躍したシーズンとなったが「ファームでの経験も大事ですが、1軍はどういうところなのか、雰囲気、緊張感、自分は通用するのかというのを肌で感じるということは、ファームに戻って来たときに、もう1回1軍に上がりたいという競争意識が出てきます」と、充実の表情を浮かべた。

西武・松井稼頭央2軍監督【写真提供:埼玉西武ライオンズ】
西武・松井稼頭央2軍監督【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

「ファンの方の前でプレーしている選手たちを常にイメージしていました」

 多くの若獅子を1軍に送りだし、日々成長する選手たちを見守った松井稼頭央2軍監督が29日、今シーズンを振り返った。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 2020シーズンは高木渉外野手、西川愛也外野手とファームからの新戦力も大きく飛躍したシーズンとなったが「ファームでの経験も大事ですが、1軍はどういうところなのか、雰囲気、緊張感、自分は通用するのかというのを肌で感じるということは、ファームに戻って来たときに、もう1回1軍に上がりたいという競争意識が出てきます」と、充実の表情を浮かべた。

 1軍を経験することは選手自身にとって、大きく成長する一番の近道だ。「ファーム組織として嬉しいことです」とスタッフへの感謝も込めた。それぞれの選手の1軍での様子をテレビでみた指揮官は「本当にいい経験をさせてもらいましたし、また1軍の場所で活躍できるのを楽しみにしながら待っています」と来季の楽しみの一つとした。

“松井2世”の呼び声高い川野涼多については「守備に関しては、ぼくより全然上手いし、1年目ということを考えても本当にいいものを見せてくれた」とこれからも成長が楽しみな様子。高校卒の川野にとって、プロの中で1年間戦うということは不安もあっただろう。しかし、2月のキャンプ時に比べて体も強くなり、何より目つきがいい。「まだまだ松井5世にしておいて4、3、2、1といずれは、ぼくを越していくというね。楽しみですよ!」と声を弾ませた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」