野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

引退するとは思えない痛烈な二塁打… 楽天・渡辺直が飾った“歓喜と涙”の有終舞台

激動の2020年も残りわずかとなった。ソフトバンクの4年連続日本一で幕を閉じたNPB。120試合制で行われた異例のシーズンを、選手たちは熱いプレーで盛り上げてくれた。Full-Count編集部は、涙と感動を呼んだ2020年名場面を独自にピックアップ。今回は、今季限りで現役を退いた楽天・渡辺直人内野手が引退試合で放った痛烈な一打を振り返る。

2020年シーズン限りで現役を引退した楽天・渡辺直人【写真:荒川祐史】
2020年シーズン限りで現役を引退した楽天・渡辺直人【写真:荒川祐史】

引退試合で放った痛烈な一打、ファンからは割れんばかりの拍手

 激動の2020年も残りわずかとなった。ソフトバンクの4年連続日本一で幕を閉じたNPB。120試合制で行われた異例のシーズンを、選手たちは熱いプレーで盛り上げてくれた。Full-Count編集部は、涙と感動を呼んだ2020年名場面を独自にピックアップ。今回は、今季限りで現役を退いた楽天・渡辺直人内野手が引退試合で放った痛烈な一打を振り返る。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 11月6日、本拠地での西武戦。「1番・DH」でスタメン出場した渡辺直は、3回に迎えた2打席目に左翼線への痛烈な二塁打を放った。割れんばかりの拍手に応えるように、塁上で見せた穏やかな笑み。その後、小深田の左前適時打でヘッドスライディングで生還し、ラストゲームとは思えないほど躍動した姿を見せた。

 最終回には遊撃の守備につき、涙を浮かべる場面も。“松坂世代最後の野手”が演じた最後の舞台は、歓喜と涙が入り混じる忘れられない一戦となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」