野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

大谷は二刀流復活、藤浪は先発復活なるか? 鈴木誠、佐野ら94年世代の明暗

エンゼルスの大谷翔平投手を筆頭に、1994年4月~95年3月に生まれた同世代には注目される選手が多い。侍ジャパンの4番として期待される鈴木誠也外野手や、高校時代から人気の高い藤浪晋太郎投手も同世代だ。そんな“大谷世代”の主な選手の今季を振り返っていきたい。

DeNA・佐野恵太、エンゼルス・大谷翔平、阪神・藤浪晋太郎、広島・鈴木誠也(左から)【写真:荒川祐史、Getty Images】
DeNA・佐野恵太、エンゼルス・大谷翔平、阪神・藤浪晋太郎、広島・鈴木誠也(左から)【写真:荒川祐史、Getty Images】

エンゼルス大谷は二刀流、阪神藤浪は先発投手としての真価が問われる

 エンゼルスの大谷翔平投手を筆頭に、1994年4月~95年3月に生まれた同世代には注目される選手が多い。侍ジャパンの4番として期待される鈴木誠也外野手や、高校時代から人気の高い藤浪晋太郎投手も同世代だ。そんな“大谷世代”の主な選手の今季を振り返っていきたい。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 94年世代のトップを走ってきたエンゼルス・大谷は今季中の二刀流復活が期待されたが、シーズン序盤に右前腕筋を痛めて打者に専念。投手では2試合登板、0勝1敗、防御率37.80。打者としても44試合出場、打率.190、7本塁打、24打点に終わった。マドン監督は来季も二刀流として期待しているが、メジャー4年目は真価が問われるシーズンとなりそうだ。

 阪神・藤浪も来季中の完全復活が期待される。プロ1年目から3年連続で2桁勝利を挙げた右腕は19年に1登板止まり。今季は3月に新型コロナウイルスに感染し、6月の開幕は2軍スタート。7月下旬に1軍昇格して先発では1勝5敗、防御率5.87と結果を出せなかったものの、9月下旬から中継ぎとして結果を出した。自己最速を162キロに更新し、24試合登板(11先発)、1勝6敗7ホールド、防御率4.01。シーズン終盤には先発復帰しており、やはりスターターとして結果を残したい。

 16年ドラフトで5球団が競合したソフトバンク・田中正義投手は今季右肘痛で出遅れ、シーズンの大部分をリハビリ組で過ごした。1軍登板はなかったものの、10月のウエスタン最終戦で156キロをマーク。21年はプロ初勝利はもちろん、本来のポテンシャルの高さを発揮したい。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」