鷹ドラ5田上奏大の壮大なスケール感 仰天エピソード披露「UFO見たことある」

入団会見に臨んだソフトバンクのドラフト5位・田上奏大【写真:代表撮影】
入団会見に臨んだソフトバンクのドラフト5位・田上奏大【写真:代表撮影】

6日に1人だけの入団会見を行った田上奏大

 6日に入団会見を行ったソフトバンクのドラフト5位ルーキー田上奏大投手。履正社高で新型コロナウイルスの感染者が出たことで、昨年12月10日に行われた新入団会見を欠席していたため、入寮を前にしたこの日、改めて会見に臨んだ。

 2006年から2013年までソフトバンクに在籍し、正捕手としてベストナインにも輝いた田上秀則氏(現・大産大高監督)を叔父に持つことで注目を集めた田上。背番号も秀則氏が現役時代に背負った「70」を継承することになり、また、高校時代は外野手でありながら「投手」としての指名となったことも驚きを誘った。

 その田上だが、なかなかユニークなキャラクターでもある。会見後に報道陣に対応した中では「僕、都市伝説系が好きなんです。馬鹿げているけど、夢があるじゃないですか」と語り出し、報道陣を笑わせた。

 さらには中学時代の仰天エピソードも披露。「UFOを1回見たことがあります!」と衝撃の告白。「中学校2年の時に、平日の練習後に1人で帰っていたら緑色と紫っぽいのが僕の真上で回っていてすぐに消えたんです。だから、僕はずっとUFOを信じていました」と熱っぽく語った。

 投手歴わずか半年で最速151キロをマークし、公式戦登板なしで常勝軍団のホークスからドラフト指名を受けたところにもポテンシャルの高さが垣間見える。それに加えて何やらスケールの大きさを感じさせるキャラクター。田上奏大、ただものではないかもしれない。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY