野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

MLB196発も3割程度が三振… 巨人新助っ人スモーク、データで見る特徴は?

巨人が7日、獲得を発表したジャスティン・スモーク内野手。2017年にメジャーで37本塁打を放ち、2015年から5年連続で2桁本塁打を記録した大砲だ。2017年にはオールスターにも選ばれ、メジャー通算196本塁打の実績を誇る。ブルージェイズに在籍した2019年には年俸800万ドル(約8億5000万円)に達したバリバリのメジャーリーガーだった。

巨人が契約合意を発表したジャスティン・スモーク【写真:Getty Images】
巨人が契約合意を発表したジャスティン・スモーク【写真:Getty Images】

空振り&三振は多いが、当たれば一発長打の長距離砲

 巨人が7日、獲得を発表したジャスティン・スモーク内野手。2017年にメジャーで37本塁打を放ち、2015年から5年連続で2桁本塁打を記録した大砲だ。2017年にはオールスターにも選ばれ、メジャー通算196本塁打の実績を誇る。ブルージェイズに在籍した2019年には年俸800万ドル(約8億5000万円)に達したバリバリのメジャーリーガーだった。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 昨季はブルワーズとジャイアンツでプレーしたが、不振に終わった。36試合で打率.176、5本塁打15打点の成績にとどまり、オフにジャイアンツから放出されていた。昨季は苦戦したが、その実績は素晴らしいもの。では、このスモーク、データから見るとどんな選手なのだろうか?

 メジャー通算196本塁打を放っている一方で、打率は総じて2割台前半と高くない。キャリア最多の37本塁打を放った2017年で打率.270だった。出塁率も3割台前半から半ばにとどまっている。三振の多さを示す「K%」が20%から30%で推移している。

 また、ボール球へのスイング率を示す「O-Swing%」は20%台半ばとやや高め。また、スイングしたボールで空振りした率を表す「SwStr%」が平均して10%前後と高い。キャリアを通じて「BB%」は10%代半ばとまずまず。三振や空振りが多い一方で、当たれば一発長打というタイプといえそうだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」