DeNA三浦監督、新人合同トレ始動でドラ1入江ら8選手に訓示「逆算する習慣をつけよう」

新人合同自主トレを視察したDeNA・三浦大輔監督(後列中央)【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】
新人合同自主トレを視察したDeNA・三浦大輔監督(後列中央)【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】

ドラフト1位の入江ら新人8選手の新人合同自主トレがスタート

 DeNAの新人合同自主トレが8日、神奈川・横須賀市内の「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA」でスタートした。練習前には三浦大輔監督が新人選手へ「逆算する習慣をつけましょう」と挨拶した。

 グレーのコートを羽織った三浦監督はお決まりのリーゼントヘアで登場。新人8選手の円陣の中心で「まずは怪我をしないこと」と話しかけると、プロ生活をスタートさせる上での極意を口にした。

「みんな目標を持ってきていると思うけど、月の目標、1週間の目標……。逆算していったら分かるよね? 逆算していくと今日は何をしないといけないのか。今日は8時から練習だったら何時に起きて、何時に朝食を食べて、8時にどういう状態でグラウンドに来ないといけないのか。逆算していったら分かるでしょ? そうすると前の日は何時に寝ないといけないのか。そういう逆算する習慣をつけましょう。それは野球にも絶対に生きてくる。それが習慣づけできれば、自分は何をしないといけないのか。それを常に考えてやっていこう。OK?」

 ドラフト1位の入江大生投手(明大)ら新人8選手(育成2人を含む)が参加した。横浜、DeNAと25年間で通算172勝をマークした三浦監督は最後に「OK? 今日から始まるけど、元気よく怪我なく、よろしくおねがいします!」と熱く呼びかけた。

(小谷真弥 / Masaya Kotani)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY