野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

桑田真澄氏が巨人コーチに就任 広島佐々岡監督ら“KK世代”のプロ野球の首脳陣は?

巨人は12日、球団OBの桑田真澄氏が1軍投手チーフコーチ補佐に就任すると発表した。現役時代に退団した2006年以来15年ぶりの巨人復帰で、プロ野球でコーチを務めるのは初となる。

桑田真澄氏(左)と広島・佐々岡真司監督【写真:Getty Images、荒川祐史】
桑田真澄氏(左)と広島・佐々岡真司監督【写真:Getty Images、荒川祐史】

KK世代の全員が08年限りで現役引退、広島・佐々岡監督らが活躍している

 巨人は12日、球団OBの桑田真澄氏が1軍投手チーフコーチ補佐に就任すると発表した。現役時代に退団した2006年以来15年ぶりの巨人復帰で、プロ野球でコーチを務めるのは初となる。

【動画】メジャーも注目? 日本を代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

 1968年4月1日生まれの桑田氏はPL学園高で清原和博氏と甲子園で大活躍。同学年にあたる67年4月2日から68年4月1日までに生まれた世代は佐々木主浩氏らがおり、長くプロ野球界を牽引している。2008年を持って全員が現役引退したが、いわゆる桑田清原世代がプロ野球界の監督、コーチとして活躍している。主な首脳陣を見ていきたい。

◯広島・佐々岡真司監督

 浜田商高、NTT中国を経て89年ドラフト1位で広島入り。91年に最多勝、最優秀防御率を獲得し、MVP、沢村賞、ベストナインに輝いた。通算138勝156敗106セーブをマークして07年に現役引退。14年から広島の2軍投手コーチ、19年から1軍投手コーチを務め、昨季から1軍監督に就任。昨季は52勝56敗12分でリーグ5位だった。

◯広島・河田雄祐ヘッドコーチ

 帝京高から85年ドラフト3位で広島入り。95年オフに交換トレードで西武へ移籍し、俊足強肩の外野手として通算574試合出場、137安打をマークした。02年に現役引退し、西武の打撃コーチ補佐や1、2軍の外野守備走塁コーチを歴任。16年から広島の外野守備走塁コーチを務め、リーグ2連覇に貢献。18年からヤクルトの外野守備走塁コーチを務め、今季から広島のヘッドコーチを務める。

◯広島・高信二2軍監督

 東筑高から85年ドラフト2位で広島に入団した。守備の名手として活躍し、通算668試合出場、139安打をマーク。98年に現役引退し、99年から広島の内野守備走塁コーチ、野手チーフコーチを歴任。15年に2軍監督、16年からヘッドコーチを務め、リーグ3連覇に貢献。今季から再び2軍監督を務める。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」