23年ぶり珍事はなぜ起きた? 殿堂入り競技者表彰「該当者なし」に終わった理由

高津臣吾氏、山本昌氏、ランディ・バース氏、掛布雅之氏(左上から時計回り)【写真:荒川祐史】
高津臣吾氏、山本昌氏、ランディ・バース氏、掛布雅之氏(左上から時計回り)【写真:荒川祐史】

選手のメジャー志向、投手の分業制で候補者の“小粒”化を懸念する声も

 競技者表彰で1人も殿堂入りできなかったのはなぜか──。公益財団法人「野球殿堂博物館」は14日、2021年の野球殿堂入りを発表。競技者表彰は「プレーヤー表彰」、「エキスパート表彰」ともに選出者がいなかった。競技者表彰で1人も殿堂入りしないのは、1998年以来23年ぶり。「プレーヤー表彰」と「エキスパート表彰」の2部門となった2008年以降では、初めての事態だ。一方、特別表彰では、1996年アトランタ五輪日本代表監督の川島勝司氏、ノンフィクション作家の佐山和夫氏の2人を選出した。

「プレーヤー表彰」は、現役引退後5年以上、21年未満の人が対象。今年は前巨人監督の高橋由伸氏、元中日投手の山本昌氏、横浜(現DeNA)と中日で捕手として活躍した谷繁元信氏、現日本ハム1軍ヘッド兼打撃コーチの小笠原道大氏、ダイエー・ソフトバンクで活躍し平成唯一の3冠王となった松中信彦氏ら11人を新たに加え、昨年から引き続いて候補となった19人と合わせ、計30人がノミネートされていた。

 野球報道に15年以上携わっている表彰委員が、最大7人連記で投票。当選には有効投票の75%以上の得票が必要だ。今年は358人が投票。得票数トップの現ヤクルト監督・高津臣吾氏も72.3%(259票)で、あと10票足りなかった。2位は山本昌氏の68.2%(244票)、3位はアレックス・ラミレス氏の65.1%(233票)と続いた。プレーヤー表彰で選出者がいないのは、昨年に続いて2年連続2度目。

競技者表彰委員会代表幹事の永瀬郷太郎氏「有力な新人候補が集中したのは極めて珍しい」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY