日本一、子供たちの夢……球界最高年俸となった巨人・菅野智之が背負うもの

巨人・菅野智之【写真提供:読売巨人軍】
巨人・菅野智之【写真提供:読売巨人軍】

単年8億円で契約更改、桑田コーチに聞きたいことも明かす

 巨人・菅野智之投手が14日、日本球界歴代最高となる年俸8億円の1年契約で更改した。リモート取材に応じ、チームや同僚への思い、野球を楽しむ子供たちのこと、そして自分の目指すところ……。“球界トップ”になった金額が取り立たされるが、だからこその責任と自覚があり、伝えられることもある。会見で語った言葉には強い思いが滲んでいた。(金額は推定)

 席に着き、まずは2020年シーズンのことを振り返った。新型コロナウイルス感染拡大で開幕は延期するなど、スケジュールは例年と大きく異なった。そんな中でも、昨季はプロ野球新記録となる開幕13連勝をマークし、エースとして大車輪の活躍。20登板で14勝2敗、防御率1.97の好成績。最多勝と最高勝率のタイトルを獲得した。

「自分自身、パフォーマンスを見ても、まだまだできるなと思う部分がありますし、去年は去年で難しいシーズンでした。ただ、その中でタイトルも取れましたし、残念ながら日本シリーズは負けてしまいましたけど、また日本一になれるチャンスをもらえたので、全て、前向きに捉えています。(今は)目の前の日本一しか考えていないです」

 エースの残留により、投手陣はより厚みを増す。若く、潜在能力の高い投手たちが巨人にはいる。菅野の存在で力が引き上げられる投手も出てくるだろう。日本一に必要なことは自分自身のパフォーマンスを上げるだけではいけないとも感じている。

「(日本一へは)1人1人のレベルアップ。それにつきると思います。戦うのはチーム単位ではありますが、やっぱり、個人個人の差はあるように感じます。個の集結がチームになる。僕はまだ体を動かせてないですけど、このキャンプの時から個人がレベルアップを図って、最終的に束でかかるというのが一番、大事じゃないかなと思っています」

 2月1日のキャンプインまであと少し。メジャー球団との交渉で帰国したばかりとあり、まだ体を動かせてはいない。ただ、過密日程で11月終盤までエースとして投げ続けていた。休息も必要だ。

「ここから徐々に動き始めて、昨年出た課題であったり、強化のポイントはわかっているので、トレーナーさんやトレーニングコーチとメニューを決めてやっていきたいと思います。フォーム的な部分、昨年は平均球速も上がりますしたし、突き詰めていけばもっともっと上がると思う」

 課題をあげるとするならば、シーズン終盤の「疲れ」だという。

「9月の終盤から10月に入るとき、どうしても疲れがあった。根本的な体力なのか、コンディションなのか、そこは難しいですが、そういうところも、突き詰めていきたいです。ただ、徐々にやっていかないと体が壊れてしまうので、徐々に上げて、より厳しく、ハードにやっていきたいです」

背番号18の大先輩、桑田真澄投手チーフコーチ補佐が就任「すごくワクワクしています」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY