野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

明暗分かれた鷹、上々の楽天&ロッテ 不発オリ…12球団昨季の補強を診断【パ編】

2021年もスタートし、新たな1年が始まった。プロ野球の各球団は迫るキャンプインに向けて、戦力編成を整え、今季に向けてのチーム作りを進めている。

ソフトバンクのウラディミール・バレンティン【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのウラディミール・バレンティン【写真:藤浦一都】

ソフトバンクは鳴り物入りで加入したバレンティンが期待を裏切る形に

 2021年もスタートし、新たな1年が始まった。プロ野球の各球団は迫るキャンプインに向けて、戦力編成を整え、今季に向けてのチーム作りを進めている。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 チームの戦力状況を見極め、足りない部分を補う補強。それがハマるか、ハマらないか、で、その年のシーズンの行方を大きく左右することになる。期待して獲得した助っ人がそれに応えられないことも珍しくはない。

 では、昨シーズン、開幕前とシーズンに入ってから各球団が行った補強の成果はどうだったのか? 今季のキャンプインを前に検証してみよう。なお、貢献度を測る指標「WAR」は、セイバーメトリクスの指標を用いて分析などを行う株式会社DELTA(https://1point02.jp/)のデータを参照した。今回はパ・リーグ6球団だ。(※はシーズン途中加入の選手)

【ソフトバンク】合計WAR1.8(平均0.9)
M・ムーア投手
13試合6勝3敗0S0H 2.65 WAR2.5
W・バレンティン外野手
60試合191打数32安9本22点 .168 WAR-0.7

 4年連続で日本一となったソフトバンク。昨季の補強はムーアとバレンティンの2人だけだった。ムーアは開幕直後にふくらはぎの怪我で離脱したものの、復帰後はローテの一角として貢献。150キロを超える真っ直ぐと斬れ味鋭いカーブを武器に6勝をマークした。

 対照的に期待を裏切ることになったのはバレンティンだ。外国人枠からは外れた大砲だが、開幕から不振に喘ぎ、打率.168、9本塁打と低迷した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」