野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「思わず聞き入ってしまう」巨人・原監督、阿部2軍監督の新人への訓示が話題

3年連続のリーグVへ向けて動き出した巨人。14日には川崎市のジャイアンツ球場で新人合同自主トレがスタートし、原辰徳監督、阿部慎之助2軍監督が訓示を行った。その様子を球団公式YouTubeが公開すると、ファンから「メッセージ力が力強い」「熱い言葉」「自分も肝に銘じます」と野球選手だけでなく、一人の人間としても、視聴者の心に刺さっているようだ。

巨人・原辰徳監督(左)と阿部慎之助2軍監督【写真:荒川祐史】
巨人・原辰徳監督(左)と阿部慎之助2軍監督【写真:荒川祐史】

新人合同トレがスタート、熱い言葉が若い選手を刺激する

 3年連続のリーグVへ向けて動き出した巨人。14日には川崎市のジャイアンツ球場で新人合同自主トレがスタートし、原辰徳監督、阿部慎之助2軍監督が訓示を行った。その様子を球団公式YouTubeが公開すると、ファンから「メッセージ力が力強い」「熱い言葉」「自分も肝に銘じます」と野球選手だけでなく、一人の人間としても、視聴者の心に刺さっているようだ。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、25日まで“加入2か月無料キャンペーン”実施中

 次第に原監督の新人へ向けた言葉は熱を帯びていく。ジャイアンツ球場のグラウンドで、チームメートになったことを歓迎し、まずけがをしない体づくりの大切さを説いた。そして「限界を超えたところに自分たちプロの我々の世界がある。ですから、少々の壁だとか、少々の苦難が来たとしても、そんなものは当たり前だ、我々はこの世界に来たんだというくらいの気持ちを持って、戦ってもらいたい」とエールを送った。

 また、阿部2軍監督も「この世界は本当に甘くはない」と自覚を促したあと、「よく天才と言われる人がいるんだけど、技術で天才と言われるのはなかなか難しい。お願いしたいのは努力できる天才にはみんななれると思うのでそれを目指して頑張ってください」。反復練習でも、継続して行うことの大切さを説いている。

 野球選手としてだけでなく、一社会人として接しており、この言葉は多くの社会人にあてはまる言葉ではないだろうか。他にも動画には多くの言葉が届けられている。ファンからは「心に刺さる名言ありがとうございます」「めちゃくちゃ染みる」「聞き入ってしまう」という声も。この中から、指揮官たちの言葉が支えとなり飛躍する選手が誕生することを首脳陣、ファンは願っている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」