野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

燕ドラ1・木澤が初ブルペン公開 “軽めの調整”も直球ズドンにファン驚嘆

ヤクルトの新人合同自主トレーニングが17日、埼玉・戸田球場で行われ、ドラフト1位ルーキーの木澤尚文投手(慶大)が立ち投げながら、初のブルペン入り。その様子を球団公式ツイッターが公開した。すると、現地で見たかったファンたちから、驚嘆のコメントが届いている。

慶大からドラフト1位指名でヤクルトに入団した木澤尚文【写真:荒川祐史】
慶大からドラフト1位指名でヤクルトに入団した木澤尚文【写真:荒川祐史】

力感のない投球フォームから強いストレート

 ヤクルトの新人合同自主トレーニングが17日、埼玉・戸田球場で行われ、ドラフト1位ルーキーの木澤尚文投手(慶大)が立ち投げながら、初のブルペン入り。その様子を球団公式ツイッターが公開した。すると、現地で見たかったファンたちから、驚嘆のコメントが届いている。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「立ち投げで軽めの調整になりました」とツイート文が添えられているが、剛腕から重い直球が“ズドン”と捕手のミットに吸い込まれているボールの強さは必見ポイントだ。また、そのボールを受ける捕手は同じくルーキーのドラフト3位、内山壮真捕手(星稜)。甲子園にも出場した将来性高い高卒プレーヤーの存在もファンの心をくすぐったようで「これを現地で見たかった」「木澤くんにも、受けている内山くんにも期待しかない」とコメントが寄せられていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」