DeNAドラ4小深田、履正社先輩の阪神井上から愛のゲキ「1軍に上がってナンボ」

打撃練習で汗を流すDeNAのドラフト4位・小深田大地【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】
打撃練習で汗を流すDeNAのドラフト4位・小深田大地【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】

新人自主トレで約50スイングで4本の柵越え「角度をこれから上げていかないと」

 DeNAのドラフト4位、小深田大地内野手(履正社高)は17日、神奈川・横須賀市の「DOCK」で行われた新人合同自主トレで2度目の屋外フリー打撃を行った。約50スイングで右翼方向へ4本の柵越えを記録し、高校通算35本塁打のパンチ力を披露した。「楽しくて充実した打撃練習だったと思います。徐々に上げていけたら」と振り返った。

 ティー打撃ではハイテク機器を使ってスイングスピード、打球の角度などを計測。「ボールの角度をこれから上げていかないといけない。(打球角度は)平均ぐらいだったので、それよりも上に行けるように工夫していきたい。ニゴロ、一ゴロはダメだと思うので、しっかりバットの角度を合わせた打撃をしていきたい」と前を向いた。

 練習では履正社高の1年先輩、井上広大外野手から譲り受けたバットも使った。「自分に合うバットをつくっていきたいなと思います」。高卒1年目の昨季にプロ初安打初打点を記録した先輩から教えられた言葉も胸に刻んでいる。「試合に入ったらフルスイングできる準備はしたい。井上さんにも『1軍に上がってナンボの世界』と言われている。そういうところで結果を残せる選手になりたい」と1軍での活躍を誓った。

【写真】DeNAドラフト4位の小深田が入寮時に持参した 履正社の先輩、阪神・井上からもらったバットの実際の写真

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY