野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天、2021年スローガンは「一魂 日本一の東北へ」 一文字は石井新監督が揮毫

楽天は18日、2021年シーズンのスローガン「一魂(いっこん)日本一の東北へ」を発表した。11年の東日本大震災から10年の節目。球団側は「チームも選手もファンも、一丸となり1試合、1プレー、1球に魂を込めて闘う。『日本一の東北へ』、全員で一心不乱に挑む。その闘志漲る想いを『一魂(いっこん)』というスローガンに込めました」と説明した。

楽天・石井一久GM兼監督【写真提供:楽天野球団】
楽天・石井一久GM兼監督【写真提供:楽天野球団】

東日本大震災から10年の節目、13年以来の日本一へ「今年は勝負の年」

 楽天は18日、2021年シーズンのスローガン「一魂(いっこん)日本一の東北へ」を発表した。11年の東日本大震災から10年の節目。球団側は「チームも選手もファンも、一丸となり1試合、1プレー、1球に魂を込めて闘う。『日本一の東北へ』、全員で一心不乱に挑む。その闘志漲る想いを『一魂(いっこん)』というスローガンに込めました」と説明した。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「魂」の文字を横切るように大きな一文字を配したデザイン。あえて力強い「一」と「魂」の言葉を重ねることにより、「心ひとつに」という意志を強調。「一」の文字は、石井一久GM兼監督の揮毫によるもので、宮城県出身の若手書道家・相馬美希さんによる「魂」の書とコラボレーションしている。

 20年シーズンはコロナ禍に翻弄され、そして今季も厳しい状況で迎えつつある中、「2021年は新型コロナウイルスという新たな強敵とも、全国民が手を携え、立ち向かわなければいけないとき。昨年の無観客試合や動員制限の試合で、選手たちは『ファンの声援のチカラ』を改めて感じました」と強調。13年以来の日本一に向け「今年は勝負の年」と位置付けた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」