野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ポジション別でみるセ6球団の“弱点”は? 巨人は捕手と中堅、阪神は散々な結果に…

2月1日にキャンプインを迎え、プロ野球は本格的に2021年シーズンが始まる。各球団は昨季の課題に取り組みつつ、3月26日の開幕に向けて臨戦態勢を整えていくことになる。守備面では投手陣の強化とともに、野手陣の安定も欠かせない。各球団の守備の“弱点”はどこにあるのか――。セ・リーグ6球団のポジションごとの“頼もしさ”を守備指標で見てみたい。

巨人・吉川尚輝(左)と阪神・近本光司【写真:荒川祐史】
巨人・吉川尚輝(左)と阪神・近本光司【写真:荒川祐史】

守備全般での貢献を示す「UZR」で検証、巨人は二塁と三塁が12球団トップ

 2月1日にキャンプインを迎え、プロ野球は本格的に2021年シーズンが始まる。各球団は昨季の課題に取り組みつつ、3月26日の開幕に向けて臨戦態勢を整えていくことになる。守備面では投手陣の強化とともに、野手陣の安定も欠かせない。各球団の守備の“弱点”はどこにあるのか――。セ・リーグ6球団のポジションごとの“頼もしさ”を守備指標で見てみたい。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 用いたのは、守備全般での貢献を示す「UZR(Ultimate Zone Rating)」。リーグにおける同じ守備位置の平均的な選手が守る場合に比べて、守備でどれだけの失点を防いだかを表す。検証には、セイバーメトリクスの指標を用いて分析などを行う株式会社DELTA(https://1point02.jp/)のデータを参照した。同じ値の場合も、1200イニング換算などで差異が出た順位になっている。

○巨人
 投手のほか二塁と三塁は12球団トップの指標だった。中でも吉川尚輝が主に二塁は「18.3」、岡本和真の三塁は「15.3」と大きく失点削減に貢献した。ほかに一塁も「4.4」で2位など全体的に安定していた一方、マイナス指標となったのが捕手と中堅で、いずれも8位。守備の要となるセンターラインなだけに、今季は充実させたい。

○阪神
 近本光司が担った中堅が「20.8」で12球団トップながら、ほかの8ポジションは全てマイナス指標に。特に投手はワーストの12位、一塁と二塁は11位、捕手は9位と不本意な結果となっている。3年連続12球団ワーストの失策数が、守備指標にも如実に現れている。全体的な底上げが必要になってきそうだ。

○中日
 木下拓哉がチーム最多の87試合に出場した捕手は12球団トップ。投手も2位で、バッテリーの守備は安定していた。ビシエドがゴールデングラブ賞を獲得した一塁、京田陽太が全120試合に出場した遊撃も3位と健闘した。マイナス指標になったのは、阿部寿樹が主に守った「二塁」と、打力を優先した起用になっている左翼だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」