パ投手の方が球速いはウソ? 守備力はセが惨敗…データでみる両リーグの違い

ソフトバンク・千賀滉大(左)と西武・平良海馬【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・千賀滉大(左)と西武・平良海馬【写真:荒川祐史】

直球の平均球速はパが144.4キロに対し、セは145.4キロ

 春季キャンプまで1週間余りとなり、いよいよ2021年シーズンが本格的にスタートする。ソフトバンクに4年連続日本一を許したセ・リーグにとっては一矢報いたいところ。昨季はコロナ禍で交流戦は行われなかったが、2019年まで10年連続でパ・リーグに勝ち越しを許している。「パ高セ低」の声もある中、データ上で両リーグの違いを見ていきたい。

 セイバーメトリクスの指標を用いて分析などを行う株式会社DELTA(https://1point02.jp/)のデータを用いて、攻守の各指標を比較。項目によっては、一般的に抱かれることが多いイメージとは違う数値も出てきた。

 直球の平均球速はパが144.4キロに対し、セは145.4キロとちょうど1キロ上回る結果に。パでは西武の160キロ右腕・平良海馬やソフトバンクの千賀滉大、オリックスの山本由伸ら速球派が揃う印象もあるが、リーグ全体でみるとセ投手の方がわずかに速かった。

 この“真っ直ぐ”をめぐって大きな差が出たのが、ストレートに対する打者の得点貢献を示す「wFA(Fastball runs above average)」。セが「63.6」なのに対し、パは倍以上の「135.7」。いかにパの打者たちがストレートを打っているかが顕著に表れている。

スライダーに対する打者の得点貢献はパ「-25.4」、セ「11.3」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY