野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「しの! どうした?」 長嶋茂雄氏と篠塚和典氏だけが知るサインミス事件

巨人屈指の巧打者だった篠塚和典氏は現役時代、類まれな野球センスで活躍。高い打撃技術で安打を量産し、首位打者2度を含め打率3割を7度マークした。8度のリーグ優勝、3度の日本一を経験し、長嶋茂雄監督(当時)のもと、コーチとなった篠塚氏は、今だから言えることがある。三塁コーチで出すサインでミスを犯したことがあった。

長きに渡り巨人の主力として活躍した篠塚和典氏【写真:荒川祐史】
長きに渡り巨人の主力として活躍した篠塚和典氏【写真:荒川祐史】

三塁コーチャーから出すサイン、スクイズの時に起きた出来事

 巨人屈指の巧打者だった篠塚和典氏は現役時代、類まれな野球センスで活躍。高い打撃技術で安打を量産し、首位打者2度を含め打率3割を7度マークした。8度のリーグ優勝、3度の日本一を経験し、長嶋茂雄監督(当時)のもと、コーチとなった篠塚氏は、今だから言えることがある。三塁コーチで出すサインでミスを犯したことがあった。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 打線が沈んだ時、打撃コーチ時代の篠塚氏は長嶋監督からベンチで「篠塚! 打たせろよ!」と叱咤されたことがあった。師弟関係にある篠塚氏は「自分なんか言いやすかったんじゃないですかね。もうそういうことは言われるとわかって、コーチも受けましたし、三塁コーチャーの時もいろいろ大変でしたよ、やっぱり……」と懐かしそうに振り返る。

 三塁コーチャーの仕事は重要だ。1点を争う時に走者を本塁へ走らせるかどうかの判断を任される。監督、ベンチのサインを打者に伝える役割もある。勝負に直結するポジションだ。

「長嶋さんの野球は、突拍子もないことをやるというか、自分たちが『ここはこうだろう』と思うことがあっても、『えっ?』っとなることもあります。そういう意味では、本当に第六感が働くというか、直感や思いつきではなく、今までずっといろんなことを考えて出されているんです」

 采配で困ったことはあまりないが、苦い経験はある。当時、福岡ドーム(現PayPayドーム)での主催試合のこと。スクイズが想定される場面が来た時だった。

「福岡ドームって、三塁コーチャーズボックスと一塁ベンチに距離があります。ミスターはベンチの端にいて、自分も絶対にスクイズだなと思っていたら……サインが出ない。なので、自分も出さなかったんです。でも、ベンチに帰ったら、『しの、どうした? スクイズのサイン、出したぞ』って監督から言われてしまって……」

 サインは頭や帽子、左右の肩、腕、手の甲など、触った場所によって盗塁、エンドラン、スクイズ……などが決められている。ミスターが出したスクイズのサインが、篠塚氏にとってみれば、その場所からは、離れて触っていたと認識。なので、スクイズのサインではないと判断。再度、確認すると、ミスターからは「(触ったところは)ここも、そこも一緒だろ」と返ってきたという。篠塚氏は「すみませんでした」と謝るしかなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」