野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

甲子園のスターは勝負の年、新人は即戦力ぞろい…広島1軍キャンプで期待の若手

2月1日のキャンプインに向け、プロ野球の各球団では続々と1、2軍の振り分けが発表されている。2軍でマイペース調整をするベテランがいる一方、ブレークを目指す若手は1軍でアピールしたいところ。昨季2年連続のBクラスに沈んだ広島では、1軍スタートに抜擢された今季の注目株たちの覚醒も期待される。

広島・中村奨成【写真:荒川祐史】
広島・中村奨成【写真:荒川祐史】

ドラ2森浦は貴重な左腕、ドラ3大道は驚異の奪三振率を誇る

 2月1日のキャンプインに向け、プロ野球の各球団では続々と1、2軍の振り分けが発表されている。2軍でマイペース調整をするベテランがいる一方、ブレークを目指す若手は1軍でアピールしたいところ。昨季2年連続のBクラスに沈んだ広島では、1軍スタートに抜擢された今季の注目株たちの覚醒も期待される。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

○栗林良吏投手
 名門・トヨタ自動車からドラフト1位で入団した社会人ナンバーワン右腕。通算213勝をマークし北別府学氏の背番号「20」を担う。2019年ドラフト1位の森下暢仁は新人王を獲得。最速153キロの直球と抜群の制球力はすぐプロの舞台で順応できるか、キャンプが試金石となる。

○森浦大輔投手
 天理大からドラフト2位で入団。身長175センチと決して大きくはないが、最速148キロの貴重な左腕ルーキーは1軍で居場所をつかみたい。変化球もチェンジアップが効果的で、キャンプからの実戦でアピールができれば、開幕1軍も十分に狙える。

○大道温貴投手
 八戸学院大からドラフト3位で入団。最速150キロの直球に加え、スライダーやカットボール、チェンジアップ、スプリットを操る。昨秋のリーグ戦で奪三振率15.00をマークした投球スタイルを貫き、1軍の舞台で頭角を現したい。

○中村奨成捕手
 2017年ドラフト1位も4年目を迎えた。昨季は1軍デビューを果たすも、出場は代打のみで4打数無安打に終わった。2軍戦では55試合に出場して打率.244。甲子園を沸かせたスターは、そろそろプロの世界で存在感を出していきたい。

○林晃汰内野手
 高卒2年目の昨年10月に1軍初出場を果たすなど4試合に出場。プロ初安打となる二塁打を放ち、貴重な経験を積んだ。2軍では主に4番として起用され、チーム最多の69試合に出場で9本塁打をマーク。若き和製大砲候補が、虎視淡々とブレークの機会を窺っている。

○大盛穂外野手
 18年の育成ドラフト1位で入団。ルーキーイヤーの19年オフに早くも支配下登録を勝ち取った。昨年7月に1軍初出場を果たすと、そのままシーズン終了まで1軍に帯同。73試合に出場し打率.259、2本塁打16打点と存在感を見せた。俊足巧打を武器にレギュラー定着を目指す。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」