元ヤクルト上田氏が迎えるプロ野球の“元旦”2月1日 「今の状況は不思議」

昨季限りで現役を引退した上田剛史氏【写真:荒川祐史】
昨季限りで現役を引退した上田剛史氏【写真:荒川祐史】

「惜しまれるような成績ではないのに、あれほど惜しんでくれるファンがいた」

 プロ野球選手にとって“元旦”ともいえる、キャンプインの2月1日が近づいている。昨年までと全く違う心境でこの日を迎える1人が、昨季限りで14年間の現役生活にピリオドを打った元ヤクルトの上田剛史氏だ。俊足、強肩をセールスポイントに活躍し、チームきってのムードメーカーでもあった。セカンドキャリアを歩み始めた上田氏に聞く3回連載の第1回。

 動き出しは早かった。昨年12月初旬に現役引退を決意すると、YouTubeチャンネルを開設。さらに、アパレルブランド「コーラル・クルーザー」から自身がデザインしたパーカー、Tシャツを発売した。その胸には「STARTING OVER」と“再出発”を意味するロゴが躍り、単語の頭文字の「S」と「O」が、上田氏の現役時代の背番号「50」に見えるデザインになっている。今月末にはキャップも発売される。

「コロナ禍がなければ、やりたいことはもっとありました」ともどかしさを抱えている。「現役時代、ファンの方々とはテレビ画面を通してとか、球場である程度距離を取ってのお付き合いしかできなかった。今後は、一緒に食事をするとか、直接的に交流するイベントをたくさんやってみたい」と語る。「まだ構想段階ですが、有料オンラインサロンを作って、会員の方々と一緒に野球チームを結成したり、誕生日を祝ったり、ゴルフをやったりしたい気持ちがあります」と夢は膨らむ。

 昨年12月には、学生野球資格回復のための研修会を修了。今年2月から正式に高校、大学生を指導できる見込みだ。「オファーがあれば、どこへでも行きたい。資格を取れれば、プロに1番近いレベルの高校生、大学生を教えることができるので楽しみです」と目を輝かせる。引退を決めた後は、何度か草野球に興じたくらいで、これといってトレーニングは行っていないが、体重は逆に約3キロ減って75キロになった。「筋肉量が落ちたということですかね」と首をひねり、「教える立場になった時、実際にやって見せるシチュエーションもあると思う。せめて、アマチュア選手より動ける体にしておかなければならないと思います」と口元を引き締めた。

10月10日広島戦後にマネージャーから連絡「“無”でした。何も考えることができなかったです」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY