野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「最高のプロ野球人生とは言えない」元ヤクルト上田氏“フェンス恐怖症”の苦闘

昨季限りで現役を引退した元ヤクルト外野手の上田剛史氏。YouTubeチャンネルを開設し、以前からアパレルに興味があったことからパーカーやTシャツをデザインするなど、32歳でセカンドキャリアを歩み始めているが、現役生活を振り返ると、「最高のプロ野球人生でした、とは言えないですね」と苦い思いも込み上げてくる。悔恨と歓喜の14年間を振り返る3回連載の第2回。

昨季限りで現役を引退した上田剛史氏【写真:荒川祐史】
昨季限りで現役を引退した上田剛史氏【写真:荒川祐史】

河田コーチから毎試合前ノックの嵐「打球を見ずに落下地点まで走れるようになった」

 昨季限りで現役を引退した元ヤクルト外野手の上田剛史氏。YouTubeチャンネルを開設し、以前からアパレルに興味があったことからパーカーやTシャツをデザインするなど、32歳でセカンドキャリアを歩み始めているが、現役生活を振り返ると、「最高のプロ野球人生でした、とは言えないですね」と苦い思いも込み上げてくる。悔恨と歓喜の14年間を振り返る3回連載の第2回。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2006年高校生ドラフト3位で岡山・関西高からヤクルト入り。現役生活を通してレギュラーに定着することはできなかった。最大のチャンスは、6年目の2012年に訪れた。前年オフに兄貴分の青木宣親外野手が、ポスティングシステムを利用しメジャーへ移籍。その後釜の最有力候補として期待された。実際に「2番・中堅」で開幕スタメンに名を連ね、以後も2番もしくは1番で先発出場を続けた。

 ところが、5月4日に本拠地・神宮球場で行われた広島戦で、飛球を追ってフェンスに激突し右肩を脱臼。1軍復帰まで3か月以上を要した。「僕としては、あれが全てだったと思います。以後、右肩の可動域が狭くなり、送球の勢いが自分本来のものではなくなりました」と痛恨の思いとともに振り返る。「当時はフェンス際のプレーが得意でなかった。今だったら、ああいうプレーは起きていないと思います」。最も深刻だったのは、このプレーをきっかけに「フェンス恐怖症」気味になったことだった。

 とはいえ、“やられっ放し”では済まさなかった。2018年に河田雄祐氏が1軍外野守備走塁コーチに就任したのをきっかけに、格段に守備力が向上した。実は外野手にとって1番難しいのは、距離感をつかみにくい真正面の飛球だと言う。「河田さんがいらっしゃってからは、毎日試合前にレフト、センター、ライトの3つのポジションで、真正面にめちゃくちゃな量のノックを受けました」と振り返る。「お陰で、バッターが打った瞬間に、打球を見ずに落下地点まで走っていけるようになりました」。目で見なくとも打球やフェンスとの距離を測れるようになり、「それでフェンスが怖くなくなりました」とうなずく。

 昨年5月4日には、神宮球場での広島戦で左邪飛を追いかけ、フェンスに右足裏のスパイクの歯を食い込ませて駆け上がるようにしてスーパーキャッチ。この時に足首を痛め、宮出ヘッドコーチに背負われて退場した。全ナインがベンチ前で出迎え、背負われたままの上田氏とハイタッチを交わす光景は感動的だった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」