野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「何も確証がなかった」緊急渡米 有原航平が感じた“揺れた移籍市場”1か月の裏側

今季からレンジャーズでプレーする元日本ハムの有原航平投手がFull-Countの単独インタビューに応じた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で停滞したメジャーの移籍市場。昨年12月20日に「何も確証がなかった」状態での緊急渡米となったが、渡米5日間で交渉ペースが上がり、合意に至った。感染対策をしっかりとし、緊張感と温かみを感じた1か月の“裏側”に迫った。

Full-Countの独占インタビューに応じたレンジャーズ・有原航平【写真:荒川祐史】
Full-Countの独占インタビューに応じたレンジャーズ・有原航平【写真:荒川祐史】

移籍の決め手は「まだまだ伸びる」という助言、証明するデータの提示に愛情を感じたこと

 今季からレンジャーズでプレーする元日本ハムの有原航平投手がFull-Countの単独インタビューに応じた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で停滞したメジャーの移籍市場。昨年12月20日に「何も確証がなかった」状態での緊急渡米となったが、渡米5日間で交渉ペースが上がり、合意に至った。感染対策をしっかりとし、緊張感と温かみを感じた1か月の“裏側”に迫った。(楢崎 豊)

 スーツケースには必要最低限のものしか入っていなかった。メジャー球団との交渉のため渡米することになった12月20日夜。機内に持ち込んだのは「早く決まってほしい」という願いだけだった。米国には早大時代の遠征や日本ハムのキャンプで何度も訪問しているが、こんなに落ち着かないのは初めてだった。

「渡米まで(契約がまとまる)確証はありませんでした。どのチームが実際にオファーをくれるかわからない状態で、アメリカに行きました。ある程度は今後の見通しがわかってから渡米するものと思っていましたが、そうではなかったので驚きました」

 11月26日にポスティング申請し、交渉期間は1か月と時間に限りがあった。日本を発つまで、オンラインで代理人のジョエル・ウルフ氏と会議は重ねていた。12月中に予定は立ててはいたが、渡米が決まったのは3日前だった。

「交渉期限が近づいてきて、日本にいるとなかなか時差の関係で話ができないので、向こうでやろうという話になりました。そこから代理人と球団の方と話をする形になりましたが、それもオンラインでした」

 本来ならば球団幹部や代理人が一堂に会したウインターミーティングが米国内のホテルで開催され、そこで交渉が活性化するはずだった。しかし、今年はリモートによる話し合いとなり、有原に限ったことではないが、思うように進まなかった。

「興味を示していただけた球団はあっても、オファーを出してくれるかどうかは実際にアメリカに行かないとわからなかったんです」

 ロサンゼルスに到着。有原は多くの有名スポーツ選手を顧客に持つ代理人「ワッサーマン」事務所でのミーティングの日々だった。ソーシャルディスタンスを保つために、広い会議室を貸し切って使用させてもらった。渡米したとはいえ、代理人と会う回数も限られており、感染対策を取り続けながらの交渉となった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」