故意四球【意外と知らない野球用語】

故意四球

 投手が打者との対戦を避けるため意図的に四球を与えること。一般には敬遠と呼ばれる。歴代最多の故意四球は王貞治(巨人)の427。シーズンでは1974年の王で45。

 NPBでは2018年に試合時間の短縮を目的として「申告敬遠」が導入された。守備側のチームが球審に敬遠の意思を伝えれば投球せずに打者を一塁に歩かせることができる。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED