故意落球【意外と知らない野球用語】

故意落球

 無死または1死で一塁にランナーがいる時、打者が通常の守備では捕球できるであろうフライやライナーをグラブや手に当ててから落とすこと。守備側が故意に落球してダブルプレーを狙うことを阻止するルールで故意落球が宣告されると、打者は自動的にアウトになる。グラブや手に当てていない場合は故意落球は適用されない。

 インフィールドフライに近いが、故意落球はバントフライも含まれ、故意落球と判断されるとボールデッドが宣告される。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED