ゴールデン・グラブ賞【意外と知らない野球用語】

ゴールデン・グラブ賞(NPB)

 そのポジションで最も守備がよかった選手に贈られる「守備のベストナイン」。三井グループでつくる「三井広報委員会」によって提供され、正式名称は「三井ゴールデン・グラブ賞」。1972年に「ダイヤモンドグラブ賞」としてスタートし、1986年に現在の名称となった。受賞者には、賞金50万円と金のグローブ型のトロフィーが贈呈される。

○選出方法
 新聞社や通信社、テレビ局、ラジオ局で、5年以上のプロ野球取材経験を持つ記者による投票で決定

○対象資格
 投手は規定投球回以上、もしくは試合数の1/3以上の登板
 野手は1つのポジションに試合数の1/2以上の出場

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED