セーブ【意外と知らない野球用語】

セーブ

 勝利した試合で、最後に投げた投手につく記録。勝利投手にはつかず、年間で最もセーブを挙げた投手には「最多セーブ投手賞」が贈られる。

 記録がつく条件には、以下のいずれかを満たす必要がある。

1.登板時のリードが3点以内で、1イニング以上投げること
2.イニング数に関係なく、2者連続で本塁打を浴びたら、同点または逆転になる場面で登板すること
3.点差に関わらず、3イニング以上を投げること

 通算250セーブ以上で、名球会への入会資格を得る。歴代最多は岩瀬仁紀(中日)の407セーブ。

【関連用語】
ホールド
クローザー

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED