チェンジアップ【意外と知らない野球用語】

チェンジアップ

 ストレートに近いフォームから投じられる遅い球。打者のタイミングを外すのに有効的とされる。日本では、特定の変化球として認識されているが、海外では「直球と同じフォームで投げる遅い球全般」を指すことが多い。

 特定の握り方はなく、通常は指を縫い目にかけずに、ボールに力を伝わりにくくして球速差を出すことが多い。また、投手によってはシンカーに近かったり、あまり落ちなかったりなど変化に差があるのも特徴である。

 多数の投手が投げる球種のひとつで、中でも井川慶や杉内俊哉らはチェンジアップを決め球として使用していた。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED