併殺【意外と知らない野球用語】

併殺

 1度のプレーで2つのアウトを記録すること。ダブルプレーやゲッツーとも言われる。なお、1度に3つのアウトを取ることをトリプルプレーと言い、日本では「三重殺」と言う。

 併殺は守備の記録で、打撃記録のことを併殺打という。併殺打に関する記録に金本知憲の1002打席連続無併殺打がある。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED